蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

堀辰雄 「美しい村」

小説にも様々なスタイルがあります。とにかくストーリー重視で面白さを追求するもの、世間一般に対して何かを訴えようとするもの、芸術性を追求しようとするもの、現実をそのまま書いたもの、あるいはこれらを融合したものなど、文学の歴史の中でたくさんのスタイルが試され、確立されてきました。どのようなスタイルがより多くの人に受け入れられるかは時代の流れの中で変わってきました。では最近の傾向はなんでしょう?ベストセラーとなる作品を見ていく限りでは、奇想天外なストーリーのもの、社会問題に焦点をあてた話題性のあるものなどが主流のようです。そういう現状においてあえてお勧めしたいのが、”美しい”小説です。まるで詩を読むような静かな流れを感じさせてくれる、緑豊かな森を流れる渓流のような清々しい小説です。それがこの堀辰雄の「美しい村」です。面白さ、話題性、メッセージ・・・そういったものはとりあえず忘れて頂いて、この作品の中の清廉な空気、平安な静寂、緩やかな時の流れを是非感じて頂きたいと思うわけです。なぜならあまりにストレスに囲まれすぎて、息もつけないような状態で日々生活のために働いている日本人に必要なのは休息だからです。それも特に心の疲労を癒す必要があると思うわけです。この作品を読むことによって枯れた心に水を差して頂きたいのです。どこかあまり人のいない静かなところで一人でこの本を開く。読み急がずに一言を噛み締めながらゆっくりと読む。そういう時間が今の日本人には必要なのではないでしょうか?この作品の文章はそれは美しいです。堀辰雄は詩も書きますが、詩人が書いた小説というのはやはり美しいです。いい文学には心を癒す力があると個人的には信じています。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する