蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

新田次郎 「孤高の人」

大正から昭和初期に活躍した日本の山岳史に名を残す偉大なる登山家「加藤文太郎」をモデルにした山岳小説です。新田次郎の得意とする山岳小説の中でも出色の出来です。山岳小説の雄としてはこの人を主人公にした小説を書かないわけにはいかなかったと思います。加藤文太郎はそれほど偉大な足跡を残した人でした。この当時は今のように誰でも気軽に登山を楽しむという時代ではありませんでした。ヨーロッパですらまだブルジョア階級の優雅なレジャーでしたから日本では尚更です。なにしろまだ登山技術が発達していませんので装備にお金がかかりますし、ガイドを雇う必要もありました。一般人には縁のないスポーツでした。そんな時代に加藤文太郎は身のまわりの物を利用した装備でガイドを雇わずグループにも入らず単独で山に挑みました。彼は何度も山に挑みながら経験を積み、そのたびに得たノウハウで装備や食糧などに様々な工夫を施していきます。そして数々の記録を樹立し、「単独行の加藤」、「不死身の加藤」として日本の山岳史に名を残します。彼が偉大なる登山家となった理由は山への果てしない情熱、類稀な体力、創意工夫する知恵、妥協を知らない不屈の精神などがあげられると思います。真面目で誠実でひたむきな人間性を持つ人がそれだけの能力を有していたとなれば、なるほどあの偉業も彼ならばと納得できると思います。新田次郎はそんな加藤文太郎という人を実に適確にとらえて描いています。彼は山だけでなく仕事においても同じ真剣さで取組みしっかりと実績を残していますので、つまりは生きることに対して常に真剣勝負だったということが言えると思います。黙して挑み結果を残すというのはまさに日本の男として最も模範とすべき姿勢ではないでしょうか。登山が趣味でない人も是非読んで頂いて、彼の生き方から何かを学んで頂きたいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード