蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

有島武郎 「カインの末裔」

この作品の解説の前に、まずは旧約聖書の「創世記」第4章にあるカインとアベルの物語について簡単に。カインとアベルは最初の人間であるアダムとイブの子どもです。つまり最初の兄弟です。カインは農耕をして、アベルは羊の放牧をしていました。2人は神様にそれぞれの収穫を捧げます。カインは穀物を、アベルは子羊を供えますが、神様はアベルの供え物しか喜びませんでした。嫉妬にかられたカインは野原で弟アベルを殺します。最初の殺人です。神様がアベルの所在を訊くと、カインは「知らない」と嘘をつきます。神様は怒ってカインをエデンの東へと追放します。(ジェームス・ディーンの「エデンの東」はここからきています。)ここで言わんとしているのは人間には生まれながらにその内部に嫉妬や憎悪を秘めているということです。今生きている人間は全てこのカインを先祖としていますから、要するに人間はみんな罪深い生きものなんだということを意味しています。”カインの末裔”という表現は、人間全体を指しています。人は誰でも罪から逃れられないのだから信仰を持ちなさいということですね。以上のことを前提としてこの作品を読むとクリスチャンである有島武郎のメッセージがよくわかると思います。この作品の主人公は夢を抱いた北海道の開拓農民なんですが、傲岸不遜で乱暴極まりなく、まわりの人に迷惑をかけてばかりでついには村を出て行く羽目になります。誰憚ることなく己が欲するままにやりたいことをやって、それが全てはね返ってきてどんどん追い込まれていくというその姿は、主人公だけの特異な人間性ではなくて、誰でも必ず心理的に持っている醜い部分を象徴しています。完璧にいい人間など存在しない。だからこそ神に祈るべきであるという強烈なキリスト教のメッセージを読み取ることができると思います。短いですがとても深い作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する