蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

江戸川乱歩 「D坂の殺人事件」

小学校の頃に明智小五郎と少年探偵団の冒険譚を夢中で読んだ記憶がありませんか?えしぇ蔵の小学生時代には子ども向けにアレンジされた江戸川乱歩の推理小説の全集がよく読まれていました。怪人二十面相などの悪役と知恵比べをする明智小五郎と少年探偵団の活躍に心躍らせたものでした。えしぇ蔵の場合、たまたま町の図書館で見つけて一冊読んだのがきっかけで、それから図書館にあった全集を一冊ずつ借りて読破しました。中学に入って以後は子ども向けではない本来の江戸川乱歩の作品を読んで、これまた興奮しながら読み漁りました。思えば江戸川乱歩の作品とは長いつきあいです。江戸川乱歩以前にも日本には推理小説(当時は探偵小説と呼ばれていました。推理小説と呼ばれるようになったのは松本清張以後です)はありましたが、世間一般にそのジャンルが認識され、今のように文学の大きな一部を占めるに至ったのは江戸川乱歩の功績と言っても過言ではありません。そんな推理小説界の大御所の最初の作品は「二銭銅貨」ですが、あの明智小五郎が初めて登場したのがこの「D坂の殺人事件」です。もっともこの段階ではまだ明智小五郎は探偵を本業とはしていません。素人探偵として事件を解決します。内容としては密室トリックの一種ですが、事件の一番のポイントとなるのは犯人と被害者の間の隠れた性癖です。いわゆる異常性愛が引き起こした事件ということになっています。江戸川乱歩の作品はこういう官能的な部分が多いのも特徴です。怪奇性、官能性などを推理小説に盛り込んで、その幅を広めたことは彼の功績の中でも特に評価すべき点です。この作品で彼の魅力を知って頂いて、是非その膨大な作品群に突入していって頂きたいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード