蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

竹山道雄 「ビルマの竪琴」

竹山道雄と言えば「ビルマの竪琴」、「ビルマの竪琴」と言えば竹山道雄ですが、他に作品はあるのでしょうか?実はこの人は小説を書くのは本業ではありませんので有名な作品はこれだけです。本業はドイツ文学者なのです。彼は多くの名作を翻訳して日本に紹介しています。中でも驚きなのは、スイスの作家ヨハンナ・シュピリの名作、「アルプスの少女ハイジ」です。あのハイジの翻訳者なんです。本業ではない小説において文学史に名を残していることからして、文学全般における非凡な才能を持っていたことは容易に想像できます。難解な単語や表現がない文章からすぐにわかると思いますが、これは実は童話なのです。もともと子ども雑誌「赤とんぼ」に1947年から1948年にかけて連載された作品で、反戦のメッセージを底辺においた物語になっています。設定に無理があるという批判もありますが、子ども向けの物語ですからあまり細かいところまで詮索する必要はないと思います。簡単にストーリーをご紹介。太平洋戦争中のビルマでのお話です。音楽好きな隊長に率いられたある隊は現地で終戦を迎え、全員捕虜になってしまいます。ところが終戦を知らずに戦い続ける隊もあり、水島上等兵は彼らの説得に赴きますがそのまま消息を断ってしまいます。みんなは心配しますが、ある日水島上等兵にそっくりの修行中のお坊さんが現れて・・・というお話で、映画にもなって有名なので結末はご存知でしょうが、是非原作を読んで頂きたいと思います。水島上等兵は無事なんでしょうか?無事ならなぜ戻らないのでしょうか?無事に日本に帰れるのでしょうか?この作品は、名作は常に心の糧となるという一つの例だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する