蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

井伏鱒二 「黒い雨」

ユーモラスな作品が多いのが井伏鱒二の特徴ですが、では代表作は?となると必ず名前があがるのがこの作品です。一転してシリアスです。テーマが戦争、それも原爆ですからね。ちょっと重いですけど非常に内容が濃くて、構成も文章も申し分なくまさに名作です。原爆に関する作品の中では最高の位置にあると評価する人もいます。ではなぜそこまで高い評価を得たのでしょうか?この作品は野間文芸賞を受賞していますが、選考委員の大岡昇平は、「・・・広島の原爆について、多くの小説やルポルタージュが書かれているが、被爆の惨状をこれほど如実に伝えたものはなかった。作家の眼のたしかさと技術的円熟が、この結果を生んだことは疑いない」と述べています。つまり、この作品の最大の特徴はリアリズムというわけです。被爆した人々の様子だけでなく、影響を受けた自然界の細かい現象に至るまで細かく描写してあります。よほど念入りに取材をしたというのは容易に察することができますが、実はこの作品の成立にはある書物が大きく関係していたのです。それは、重松静馬という人が書いた「重松日記」です。「黒い雨」の内容は6割くらいはこの「重松日記」からとっていると言われています。この日記の存在あってこそ、この名作が生まれたというわけです。「重松日記」自体も出版されていますので、あわせて読まれるとより興味深いものがあると思います。よりリアルに現実を伝えることによって後世の人の戦争に対する警戒心を促すという意味では大いに存在意義のある作品だと思います。作者自身も言っていますが、ルポルタージュ的作品として捉えてもいいかもしれません。国内外を問わず多くの人に伝えるべき名作です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する