蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

新田次郎 「アラスカ物語」

山岳小説が得意な新田次郎ですが、この作品は同じ自然でも極寒のアラスカが舞台です。そこで活躍したフランク安田という日本人の生涯を描いています。このフランク安田という人がとんでもなくすごい人なのです。日本においては歴史上の英雄としてはめったにとり上げられることはありませんが、この本を読めば彼こそ英雄だと、それも日本が世界に誇ることができる数少ない英雄の一人だということが分かります。ではどんなすごい人だったのでしょう?フランク安田は明治の頃に既に商船で働いており、太平洋を渡っていました。やがてカリフォルニアで沿岸警備船に乗るようになります。その船がある日アラスカで寒波のために動けなくなります。そこでフランク安田は救助を呼ぶために単身、イヌイットの村へと向いますが途中で遭難してしまいます。そこをイヌイットによって助けられ、彼は村に到着することができます。そこから彼とイヌイットの交流が始まります。結局彼はその村に定住することになり、徐々にイヌイットの一員となっていきます。やがては村のリーダー的存在にまでなり、疫病や飢餓から村を救うために奔走し、自らの生涯をイヌイットのために捧げます。彼の働きにより村は栄え、その貢献度は広く知れ渡ってイヌイットの間では伝説の人物となり、”アラスカのモーゼ”とまで呼ばれるようになります。彼は長命で、1958年に没した時はなんと90歳でした。ついに日本に帰ることはなかったそうです。一つの村、一つの民族を救うために己を犠牲にする生き様を、新田次郎がアラスカの過酷な自然に絡めて実に見事に描写しています。こんなにもスケールのでかい日本人が海外で活躍していた事実を我々日本人があまり知らないというのは情けない話です。これを読んで是非多くの人に知って欲しいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する