蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

太宰治 「魚服記」

明治から昭和初期までの日本は多くの文豪を世に出してきましたが、中でも圧倒的な人気でしかも未だにそれが衰えないのが太宰治です。特に女性からの支持は特筆すべきものがあります。男性の作家の中で最も女性の心理を適確に表現した作家と言ってもいいかもしれません。どうして太宰治はこれほどまでに人気を集めるのだろうかとえしぇ蔵が疑問に思ったのは20代前半の頃でした。そしてその謎を解くべく作品を片っ端から読みました。恐らくほぼ全作品を読んだと思います。さすがにそれだけ読めばその答えの一部が見えてきましたが、この「魚服記」を読んだ時には特になるほどと感じました。発想、展開、構成、美文・・・あらゆる面で圧倒されました。太宰治流の独特のオリジナリティの前にはもはや賞賛の言葉も見つからないという感じです。修行を積めば書けるという次元のものではありません。この作品は、太宰治の故郷である津軽の民話をベースにして創作された、摩訶不思議な物語です。一種の大人向けの童話みたいなものかなと思いながら読みすすんでいくとさにあらず、いつのまにか理性では判断しかねる世界に入っていることに気付くと思います。一回読んで「うん。いい作品だ」と思う人は逆に少ないかもしれません。きっと多くの人は、「え?結局どういうこと?」というふうに感じることでしょう。そこでお願いしたいのが、決して一回読んで終わりにしないで欲しいということです。どうぞ二回以上読んで下さい。きっと読むごとに味わいが増してきます。名曲や名画もそうですが、優れた作品は繰り返し楽しむことでますます体感できていくものです。最初が「訳わからん」だったとしても、いづれ「すごすぎる・・・」に変わっていくと思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する