蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

中島敦 「山月記」

一般によく知られている有名な作家の中には、自らが日本文学史に不動の地位を築き、名は日本中に広がり、作品は多くの人に愛されているということを知ることなくこの世を去っていった人がかなりいます。中島敦もその一人で、33歳の頃に「文学界」に「古譚」、「光と風と夢」を発表して大いに注目を集め、「光と風と夢」は芥川賞候補にまでなるのですが、なんとその年の12月に気管支喘息で亡くなります。まさに一瞬だけまぶしく光って去っていった流れ星のような人です。しかし、作家は亡くなっても作品たちはそこから活動を始めます。多くの人に支持され、遺作は次々に世に出て行きます。まるで遺児たちが亡き父の分まで頑張っているかのようです。全集も編まれ、いつしかしっかりと日本文学史に足跡を残していました。そしてここで紹介する「山月記」が国語の教科書でとりあげられたことにより、子どもから大人まで知らぬ人はいない作家となったわけです。作家は死んでも作品は生き続けるのですよね。その典型的な例だと思います。彼の作品はいくつかのパターンがありますが、この「山月記」や「李陵」などはリズム感のある非常に美しい漢文調で書かれています。美術館で優れた絵画を眺めるように、えしぇ蔵は彼の文章を眺めて楽しんでいます。ほれぼれとしますね。この作品をただ単なる怪奇趣味と片付けては大間違いです。主人公の李徴が虎になって、人間に戻れる数時間に世を儚む・・・そういうストーリーは表だけの装飾でありまして、その奥でもっと大事なことを伝えようとしているのです。物語全体が一種の比喩なのです。李徴は何を意味するか?虎は?戸外で読んだ「だれか」は?是非その本当の意味を探ってみて下さい。もうご存知の作品でしょうけど、今読むとまた違ったものが見えてくると思いますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード