蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森鴎外 「舞姫」

森鴎外の人生をたどるたびにいつも思うのは、世の中にこんなに才能と環境に恵まれた人が他にいただろうか?ということです。人並み優れた才能があっても貧乏で短命であったり、裕福だけど才能は乏しいというのはよくあるパターンですが、この人はその両方を兼ね備えており、まさに全てを有する人でした。津和野藩の御典医の家に生まれており、人生の初っ端から恵まれた環境にいました。そして人並み優れた頭脳は幼い頃から評判だったようです。第一大学区医学校(現東京大学医学部)の予科に年齢をごまかして入り、その後は陸軍の軍医になります。スーパーエリートの道まっしぐらです。才能・地位・財産・家柄・・・なんともうらやましい人生です。この頃までは全ては順風に思えたことでしょう。ところが彼にも大きな精神的試練が待っていたわけです。彼は軍の命令でドイツへと留学しますが、そこで運命の人に出会います。それがこの小説のモデルになった女性です。二人は恋に落ち、やがて彼の帰国により悲しい別離を経験します。その体験をもとに書かれた作品がこの「舞姫」です。きっと彼にとっては初めての大きな試練だったのではないでしょうか?その女性は彼の後を追ってドイツからはるばる日本まで来て約1ヶ月ほど滞在したということですから、いかに熱烈な愛情が二人の間にあったかがわかります。実体験を元にしているからか、非常にせつない想いが文章から伝わってきます。この作品を読んで、若き日の森鴎外のやるせない想いを感じてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する