FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

江戸川乱歩 「お勢登場」

江戸川乱歩の作品をほぼ全て読みましたが、一つ確かなことが言えると思います。それは長編よりも短編の方が断然素晴らしいということです。長編は推理ものを読むというよりエンターテイメント系のものを読む心構えなら十分楽しめると思いますが、いわゆる海外の本格推理のようなものを期待しているとかなりがっかりします。なにせ推理小説なのに全体の構成を決めないまま連載を始めるという今では考えられないようなことをしていたので、途中で方向性がずれたり、矛盾がでてきたり、中途半端な終わり方をしたりと結構がたがたのものがあります。中には非常に優れた長編もありますが、それは海外の作品の翻案だったりします。だから長編を読む時はあくまでエンターテイメントとして読むべきだと思います。ところが一方で短編は非常に素晴らしいものが多いのです。今回ご紹介するこの「お勢登場」は読み終わった時に唸りました。これはすごいと。全体のストーリーとしてはいたって単純なんですが、最後に待ち受けるまさかの展開には驚きます。お勢というのがどうしようもない女性で、旦那がありながら書生と不倫しています。旦那はそれを知りつつなかなか離婚を切り出せずに悩んでいます。ある日、お勢が男と会うために留守している間に、子どもたちと家の中でかくれんぼをして遊びます。旦那は長持ちの中に隠れますが、ふたを閉める時に外側の鍵がかかってしまって出られなくなります。空気穴もない長持ちの中でだんだん息苦しくなった旦那は必死に叫んで助けを呼びますが、子どもたちはかくれんぼに飽きて外に行ってしまいます。家の中には誰もいません。そしてもうだめだと思った時にお勢が帰って来て、旦那の声に気付きます。危機一髪助かったと思った旦那ですが、そこでお勢が驚きの行動に出ます。偶然に生まれた完全犯罪の結末はどうなるのか?短いですが非常に面白いので是非読んでみて下さい。こういうところに江戸川乱歩の本当の実力を見ることができると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する