蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

梶井基次郎 「檸檬」

どの世界においても天才が短命というのはよくある話ですが、日本文学におぃてもその喩えとなる人は数多く存在します。その中の一人が梶井基次郎です。彼は高校時代からすでに肺結核を発病し、苦難の青春時代を過ごします。東京帝国大学文学部英文科に進学し、同人誌「青空」を創刊します。その誌上でこの「檸檬」を発表しました。その後友人である三好達治らの奔走によって刊行にこぎつけて、それを読んだ小林秀雄などに高く評価されて、文壇へと登場します。さぁこれから桧舞台に上がって大いに活躍しようかというところで、肺結核のために死亡します。まだ31歳の若さでした。「檸檬」を含む作品集が刊行されてわずか1年後のことです。だから彼が文壇においてその存在をアピールしたのはわずか1年ほどです。長い日本文学の歴史の中でほんの一瞬ですが強烈に輝いた星が彼です。でもその光は優れた作品によって今に至っても語りつがれています。この「檸檬」の評価は非常に高く、「日本文学史上の奇蹟」とまで賞賛されています。彼の命日を「檸檬忌」というのもこの作品からきています。彼の作風は尊敬していた作家が志賀直哉だけによく似た感じで、私小説のジャンルに入ると思います。ストーリーといっても何が起こるわけでもないんですが、病弱な主人公の心の内面にただよう不安を見事に表現しており、多くの文学作品に触れた人ほど読みながら「これはすごい・・・」と思うのは間違いありません。確かに「奇蹟」とまで賞賛されるに値する作品です。さぁあなたもこれを読んで丸善の本棚にレモンを置きに行きましょう。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する