FC2ブログ

蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

大岡昇平 「事件」

大岡昇平といえば、「野火」「レイテ戦記」「武蔵野夫人」「花影」などを連想しますが、今回ご紹介するのはなんと推理小説です。ちょっと意外ですよね。実は大岡昇平は推理小説に関しても造詣が深く、有名なイーデン・フィルポッツの「赤毛のレドメイン家」などを翻訳しているほどです。えしぇ蔵は、群を抜いて優れた作家というのはジャンルを問わずに傑作が書けると思っていますが、これも一つの例ではないかと思います。非常に優れた推理小説で、1978年に日本推理作家協会賞を受賞しています。簡単にストーリーを説明しますと、1961年の夏に神奈川県の山中で女性の死体が発見されます。すぐに19歳の少年が容疑者として逮捕され裁判にかけられますが、裁判が進むにつれて新事実が次々に明るみに出て、明白と思われた事件が複雑化していきます。果たして少年は本当に犯人なのか?判決はどうなるのか?というサスペンスです。ストーリーが面白いのは言うまでもありませんが、特筆すべきは日本において犯罪が発生した場合、どういった手順で裁判が進行するのか、誰がどんな役割を果たすのか、どれぐらい手間暇かかるものなのか、そして判決はどうやって決められるのかという、日本の裁判のしくみが事細かに順を追って説明してあることです。本当に驚くほど詳細に調べてあり、えしぇ蔵は読んでる途中で、大岡昇平は弁護士か検事の経験があったかしら?と調べなおしたほどでした。実際はそういった経験はなく、徹底して調査し関係者にアドバイスをもらいながら書いたそうですが、作者を知らずに読めば法曹関係の人が書いたと思うことでしょう。その調査力には圧倒されました。大作なので調査から執筆までかなりの労力を使ったであろうことは容易に推測できます。間違いなしの傑作です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する