蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉村昭 「海軍乙事件」

太平洋戦争に関する作品を書く人は多いですが、その背景となる場面はある程度偏りがあると思います。よく取り上げられるのは「真珠湾攻撃」、「ミッドウェー海戦」、「ガダルカナル」、「サイパン」、「インパール作戦」、「硫黄島」、「レイテ島」、「沖縄上陸」、「大和水上特攻」、「神風特別攻撃隊」、「東京大空襲」、「長崎・広島の原爆」などですね。これらはいわば誰もが知る場面であり、いわばメジャーなテーマと言えます。一方で吉村昭はこれらの出来事の裏で人知れず展開されたドラマを取り上げて作品化するのを得意としているようで、本当に絶妙なネタを持ち出してきます。この作品で取り上げられたテーマは題名そのままの「海軍乙事件」です。山本五十六連合艦隊司令長官がブーゲンビル島上空で乗機を撃墜されて戦死した事件が「海軍甲事件」ですが、その山本五十六の跡をついで連合艦隊司令長官になった古賀峯一が悪天候で乗機が墜落して死亡した事件が「海軍乙事件」です。この事件では古賀峯一ら一番機に搭乗していた者は全員死亡しますが、2番機はセブ島沖に不時着し、福留繁参謀長他数名が生存していました。しかし運の悪いことに敵のゲリラに救助され捕虜となります。それと同時に機密文書や暗号書が入った鞄を奪われてしまいます。その後、日本軍のセブ島守備隊によって救助されますが、鞄は戻りませんでした。ゲリラは鞄には興味を示していなかったので情報は洩れていないだろうという結論に落ち着いたのですが、もし鞄がゲリラからアメリカ軍に渡っていたらその後の日本軍の作戦がばれてしまうことになります。果たして実際はどうたったのでしょうか?戦後になってその答えがはっきりしました……。非常に興味深い事件で、面白すぎて一気に読んでしまいました。こんなスリリングなこともあったんだと感慨深いものがありました。大きな戦いの舞台裏で展開された重大事件を皆さんにも是非知って欲しいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する