蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

新田次郎 「槍ヶ岳開山」

登山というのは誰でもすぐに始められる身近なスポーツであり、レジャーですね。近くの里山にピクニック気分で登るもよし、日本アルプスのような高峰に挑むもよし、日の出を見るために富士山に登るもよし、フル装備で雪山に挑むもよし、自分の体力と相談していくらでも楽しむ範囲を広げることができます。日本では主な山は全て登頂されており、登山者が多い山は登山道も整備され、よほど無謀な挑戦をしない限りは安全に登頂できます。そうやって現代の私たちが登山を楽しめるのは、誰も登ったことのない山に誰かが最初に挑戦し、その経験を生かして後に続く人が出て、そのノウハウによって徐々にルートが確立され、そして多くの人によって次世代のための登山道が作られていったからです。だから感謝するために辿っていくとすれば、やはり初登頂した人に行きつくことになります。北アルプスにある槍ヶ岳の場合は、幡隆という僧侶が中田又重郎とともにそれを成し遂げました。この物語はその快挙を描いています。もちろん小説ですのでよりドラマティックにするために創作部分がかなり盛り込まれてはいますが、幡隆上人による開山というのは事実で本人が書いた記録も残っています(もし幡隆上人の真の姿に触れたいという方は穂苅三寿雄(ほかり みすお)の研究本を読まれるといいと思います)。前人未到の槍ヶ岳に挑む幡隆の胸の内には、過去にあやまって殺害してしまった妻に対する贖罪の思いがありました。そして苦心の末槍ヶ岳の頂上に立った時、霧の中に浮かぶ妻の姿を見ます……。過酷な環境で幻想的な世界が広がるシーンは感動的です。新田次郎お得意の山岳小説ですから臨場感は抜群で、一緒に登っている気分を味わえます。これを読めば皆さんもきっとどこかの山に登りたくなるのではないでしょうか。その時には是非、その山を開山した人への感謝の思いを抱いて、一歩一歩登って行かれるといいのではないでしょうか?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード