蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横溝正史 「八つ墓村」

古今東西、様々な推理作家が登場して数々の名作を残していますが、それらのどんな要素が読者を惹きつけているか?となるといくつかのパターンに分類されます。トリックが優れているから、プロットが完璧だから、ストーリーが面白いから、恐怖感、スピード感、爽快感があるから、謎解きが明快だから、文章が美しく文学的だから……などがあげられます。では横溝正史の作品の場合はどうでしょう?確かにトリックも素晴らしいですし、展開も劇的で面白いです。そういった要素で多くの支持を得ているということも事実でしょう。でもえしぇ蔵はそれらは副次的な要素に過ぎないと思っています。では何が一番の魅力かというと、あの雰囲気です。横溝正史が造り上げたあの世界です。凄惨な殺人、村に伝わる伝説、ユーモラスな金田一耕介、良心的な脇役、予想外の展開、戦後から昭和40年代までの古き日本の情景、山奥の村、絶海の孤島、洞窟、鍾乳洞、神社、日本家屋、家柄血筋、悲しみを残すクライマックス、そして”罪を憎んで人を憎まず”……これらによって作り上げられるあの”横溝正史ワールド”にまた浸りたいから、読者は次々に作品を手にするのだと思います。これこそ横溝正史の成功の最大の要因ではないかと個人的には思っています。その最たる例がこの作品です。これこそ”横溝正史ワールド”を絶対的なものにした立役者ではないかと思います。戦国時代の悲惨な伝説を持つ村で大正時代に虐殺事件が起きます。その20数年後に起こる連続殺人事件に金田一耕介が挑みます。完璧な構成でエンターテイメント小説としては傑作と言えると思います。まだ読んでいない方は是非この雰囲気に浸って下さい。そして”横溝正史ワールド”にはまって下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する