蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

夏目漱石 「彼岸過迄」

夏目漱石は44歳の頃に胃潰瘍の療養のために修善寺の旅館に滞在しますが、そこで大量に血を吐いて危篤状態になります。医者が子どもを呼ぶように言ったというほどですからかなりひどい状態だったようです。しかし奇跡的に回復して自宅に戻ることができました。このことを一般に「修善寺の大患」と言います。まさに死の淵を歩いたこの経験を経て以来、夏目漱石の作風はあきらかに変わります。回復後に書いた作品でいわゆる後期三部作と言われるのが今回ご紹介する「彼岸過迄」と、「行人」と「こころ」です。この三つの作品にはどれも神経質で深く物事を考えすぎる人物が登場します。「彼岸過迄」においては”須永”であり、「行人」では”一郎”、「こころ」では”先生”がそれにあたります。鬱気味の人物の描写にはその頃の夏目漱石そのままの姿が垣間見えるようです。この「彼岸過迄」という作品では短編小説を繋げて長編小説にするという形式を試みており、「風呂の後」、「停車場」、「報告」、「雨の降る日」、「須永の話」、「松本の話」という章に区切られています。その中の「須永の話」において、特に夏目漱石の心理状態が反映されているように感じます。この頃は弟子が離れていったり、五女のひな子が幼くして死んだり(この時の様子は「雨の降る日」に描かれています)と、心労が重なっていたので、胃潰瘍の痛みとも相まってさぞかし苦しみながら書いたことだろうと思います。またそういう状況だからこそ、人の心の奥深くにあるものを表現できたとも言えるかもしれません。名作が生まれる背景にはよくあることですが、作者の実生活における苦しみというのは、何かを深く掘り下げて表現しようとする際には必要な要因の一つなのかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する