蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

海音寺潮五郎 「武将列伝」

日本の歴史に登場する人を尊敬しているという人に、何がきっかけで尊敬するようになりましたか?と聞くとほぼ100%の人が歴史小説と答えます。例えば坂本竜馬を尊敬する人は多くの人が司馬遼太郎の「龍馬がゆく」を上げます。こういった現実に対してえしぇ蔵は本当に声を大にして訴えたいものがあります。歴史小説というのは小説ですから。史実をベースにはしていますが基本的に作り話ですから。エピソードに感心してもそれは作家が創作したものであったりするわけです。知らぬ人はいない豊臣秀吉には幼少の頃からたくさんのエピソード(ご主人様の草鞋をふところで暖めた……等々)があります。ところが実際にはどうでしょう?信頼できる資料に秀吉が初めて登場した時には既に織田の家中で一方の侍大将になっています。つまり前半生のことはほとんどわからないんです。生まれた年、本当の親すらわかりません。実際はそんなものです。本当にその人物に興味を持ったのなら小説ではなく歴史書や研究本などで調べるべきです。実像は小説の中の人物とは大きく異なることは多々ありますから。まぁそうは言っても難しい専門書を手にするのはちょっと、という方にお勧めなのがこの作品です。海音寺潮五郎は「史伝文学」の代表者です。「史伝文学」とは、フィクションを加えず、歴史の真実を探ろうとするものです。この「武将列伝」には、平安時代の源義平に始まり、近代の勝海舟まで、日本史を飾った人物たちを冷静に分析して記述しています。各人の様々なエピソードを、間違いない事実、信用できること、信用できないこと、全くのデタラメなどに見究めて、最終的に本当の人物像を海音寺潮五郎なりに結論付けています。歴史の真実を知りたいという方には強くお勧めします。文春文庫で全6巻です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード