蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮城谷昌光 「楽毅」

もし誰かに宮城谷昌光の作品はどういうものか、あるいはどの作品から読み始めたらよいかと尋ねられたとすれば、まずはこの「楽毅」を勧めると思います。この作品には宮城谷昌光の作品全体に共通する特徴、それはつまり魅力とも言えますが、それが最も多く含まれているのではないかと思うからです。その持てる力を余すところなく発揮した感がある作品だからです。この作品は中国の戦国時代の武将である楽毅の生涯を描いています。まずこの楽毅を選ぶところが宮城谷昌光的だと言えます。一般にはそれほど知れ渡ってはいない英雄の姿を掘り出して、作品の上で再び輝かせ多くの人にその存在の大きさを知らしめるというパターンですね。古代の中国には小さな国がたくさんありましたが、戦国時代(紀元前403年~紀元前221年)には中山という小さな国がありました。楽毅はこの中山の武将で、国を守るために八面六臂の活躍をしますが、君主が愚昧で弱小な国なのでその努力が報われません。しかし寡をもって衆に立ち向かうその見事な戦いぶりは一気に楽毅の名を広めることになります。中山が滅びた後は新天地を求めて流浪の身になりますが、最後はついに燕の国にその才能を発揮する場を得ます。そして再び歴史に残る活躍をします。知的でかつ剛勇無双、そして家族に愛され部下に慕われる優しさも持っており、まさに理想のリーダー像がそこにはあります。いい人材はそれを認めて使ってくれる人に出会えるかどうかで大きく差が出ます。楽毅の場合は燕の君主がそうでした。思えば実生活においても自分を認めてくれる師や上司に出会えるかどうかは人生に大きく影響します。楽毅と燕の君主の関係にその理想を見るように思います。楽毅という人物から学べることは多いです。皆さんにも是非知って頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する