蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

太宰治 「ヴィヨンの妻」

太宰治の作品の中でも特に評価が高いのでご存知の方も多いと思いますが敢えてご紹介します。えしぇ蔵は自分でも小説というものを、極めて拙いですが書くことがありますが、この作品を読んだ時には「あぁ自分には小説なんて書けないんだな」と強制的に認識させられました。こんなすごいのは自分には無理と思いながら一気に読んで、読み終わった後に大きなため息が出ました。太宰治とは如何なる者ぞと思う方はこの作品一つで十分にわかるのではないかと思います。無駄がなく構成のしっかりとした物語が、テンポよく進んでいきます。登場人物の心理は明確に把握できますし、読者の心にどっしりと重いものを置いていく感じはさすがです。何より女性の心理の描き方が素晴らいく、この点は他の追随を許しません。おそらく多くの名を成した男性作家の中でも女性の気持ちが一番わかっていたのは太宰治ではないかと思います。ストーリーは例によって家族も養えないようなろくでなしの男が主人公です。この男は詩人で、作中で書いた論文のテーマが15世紀のフランスの詩人フランソワ・ヴィヨンだったので、このタイトルになっています。とは言っても実際の主人公はその奥さんの方です。ろくでなしの詩人の妻として自分はどう生きるべきか?どうすれば自分の力だけで強く生きていくことができるか?を考えて、積極的に行動に出ます。破滅しか見いだせない憐れな男と、希望を抱いて前進する妻という対照的な存在をからめて、戦後の混乱期の社会の一コマを描いています。えしぇ蔵思うに完璧な作品です。でもあまりに完璧すぎで、これから小説を書こうという方には自信喪失になるかもしれませんのでご注意下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する