蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮城谷昌光 「晏子」

今も活躍中の中国の歴史小説作家とくればまず宮城谷昌光の名前が上がるのではないでしょうか?新しい作品を発表するごとにその名に重みが加わっていくような気がします。その特徴は徹底した準備と、それによって史実から大きくはずれることがない安定した展開だと思います。なにしろろくな記録も残っていない昔のことなので調べても判明しないことが当然ながらあるわけで、そこを無理に飛躍した空想で埋めないで、その場の状況や前後の事実などから推理して書いています(自分の推理であることを本文中に書いていることもあります)。だからよりリアルに時代を楽しめる感じがします。この作品の舞台は古代中国のいわゆる春秋期です。中国大陸においていろんな国が存在を誇示し、戦争しては領土を削り合うという緊張した状態が続いた時代です。それらの国の一つである斉に礼を守り一貫した信念にいきる晏弱という男がいました。外交においても他国と堂々と渡りあい、戦争においては名采配で連戦連勝するという実に痛快な男でした。動けば必ず結果を残し、それを誇ることなく次の手を打つという生き方がまさに仕事ができる男の見本という感じで魅了されました。ところがまだ働き盛りという頃に惜しくも急死してしまいます。でもそのぶれない魂は子どもの安嬰に引き継がれます。安嬰は首に刃を置かれても正義を貫き通す強靭な精神をもって斉の国を支え続けます。行政においても外交においても姑息な手段は一切使わず、天の意思と民の声に従って行動します。悠久の時を越えて賞賛され続ける親子の物語にはどの時代にも通じる生き方の真髄があるように思います。是非多くの方に読んで欲しい作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード