蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

城山三郎 「落日燃ゆ」

どの街にも郷土の偉人や英雄と呼ばれる人がいるものですが、えしぇ蔵の住む福岡では菅原道真や黒田長政などのビッグネームと並んでもひけをとらない人気を誇るのが広田弘毅です。郷土が生んだ第32代内閣総理大臣は、それだけでも十分に誇りではありますが、なんといってもその死に臨んでの毅然たる態度が多くの人を感動させました。太平洋戦争の終結後、東京裁判において7名のA級戦犯が死刑となりましたが、その中で唯一文官であったのが広田弘毅です。開戦前にはその防止に奔走し、開戦後には和平工作に全力を尽くしたにも関わらず、総理大臣在任中に軍部大臣現役武官制を復活したことなどを理由にA級戦犯とされてしまいます。ところがこの判決には当時日米両国の多くの人が納得しませんでした。そして驚くべきことに本人は一切の弁明を行いませんでした(これは弁明すれば他の関係者の名前が出てしまうので、それらの人々をかばうためだったという説もあります)。死刑に際しても毅然たる態度を崩さず、まさに”黙して逝った”人でした。その壮絶な生きざまを慕う人は多いですが、それは城山三郎のこの作品も大いに貢献しているのではないかと思います。広田弘毅をとりあげた作品の中でも最も広く知られています。石屋の息子が政治家となり、外務大臣として外交に奔走し、やがて総理大臣となり、太平洋戦争を経て東京裁判での死刑判決で散っていきます。その生涯を詳細に調べあげてドラマティックに描かれています。あまりに見事な完成度なので、城山三郎と広田弘毅の間になにか縁があってこの作品が生まれたのではないかと思ってしまいます。素晴らしい人物を素晴らしい作家が描いた名作です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する