蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横光利一 「ナポレオンと田虫」

ナポレオンと聞くと皆さんの頭の中にはどんな肖像が浮かびますか?おそらくジャック=ルイ・ダヴィッドが描いた「ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト」ではないかと思います。あの前足を上げた馬に乗るナポレオンが山の方を指さしてる絵ですね。では次に浮かぶのはどんな絵でしょうか?これも多くの方が同意見だと思いますが、えしぇ蔵はナポレオンが右手をお腹の位置で上着の中に入れている姿が浮かびます。ナポレオンがそのしぐさをしている絵はたくさん残されており、なぜそういうポーズで肖像画を描かせたのかという「ナポレオンの右手の謎」は未だに解明されていません。諸説ある中で面白いのはナポレオンが皮膚病を患っており、お腹の患部を掻いているうちにそのポーズが癖になったというものです。この説をもとにして書かれた作品がこの「ナポレオンと田虫」です。ナポレオンは実はお腹に田虫ができていて、彼がヨーロッパにその勢力図を広げるのと同じように、田虫は彼のお腹の上で患部という勢力図を広げていくというユニークな話です。ヨーロッパの国々を次々に征服していく無敵のナポレオンが唯一勝てないのが自分の田虫でした。夜になると活動を開始する田虫の痒さは彼に睡眠をとらせません。果たしてナポレオンの全ヨーロッパ征服が先か?田虫のナポレオン征服が先か?横光利一の魅力は高度に芸術的作品で唸らせることもあれば、こうして面白い作品で楽しませることもあるという稀有な二面性です。この両立ができる作家は無敵と言っていいと思います。さて、ナポレオンは田虫に勝てるのか?終り方は非常に文学的です。是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する