蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮沢賢治 「どんぐりと山猫」

宮沢賢治の童話は童話と言ってしまうにはあまりにも対象が広く、その含むところが非常に多いということは皆さんご存知の通りです。子どもは表面だけを読んで楽しむ、大人はその奥にあるものをくみ取って考えさせられる、それが宮沢賢治の童話の特徴だと思います。今回ご紹介する「どんぐりと山猫」もその好例です。絵本になって広く流通していますから読んだことある方はかなり多いと思いますが敢えてご紹介します。作品の内容を簡単に言うと、山のどんぐりたちが集まって誰が一番であるかを議論します。それを裁判長として仕切るのは山猫です。どんなどんぐりが一番なのか、どんぐりたちの意見は分かれてそれぞれが自分が一番であると主張しますので、山猫裁判長はどう裁決したらよいか迷います。そこで山猫からのはがきで呼び出された主人公があるアイディアを提案して、裁判は見事に解決するという話です。どんぐりたちが他の意見に理解を示さず自分の主張を譲らない姿勢はまさに人間の世界そのものです。そしてそれを解決した主人公の一言は聖書のマルコによる福音書10章44節にある言葉「あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。」と通じるものがあります。謙虚であること、他の意見を尊重すること、個人ではなく全体を考えること、などなど様々な教訓が含まれています。どの世代が読んでも学ぶものがある。それが宮沢賢治の童話です。人として参考にすべき大事なことがつまっているという意味からすれば、童話の形式をとった聖書という見方もできるかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する