蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮尾登美子 「菊亭八百善の人びと」

最近では街中に新しい飲食店ができても、1年か2年ほどで別の看板が上がっているというのが特に異常なことではなく、街行く人も「あ、今度はこんなお店になったか」と特に驚きもしないのが普通です。そういう時代に生きているからこそ、是非この作品を読んで頂きたいと強く思います。なぜならここには、「味を受け継ぐ」ということがどれだけ必死なものであるかが描かれているからです。京都などに行けば創業百年、二百年、三百年という言葉はよく聞きますが、それがいかに大変なことであるか、多くの人の汗と涙で繋がって来たか、その苦労の一端を知ることができると思います。この作品の舞台となる老舗の料亭「八百善」は江戸時代から続いており、戦後まもない頃、時節柄八代目が休業している状態から話は始まります。そこへ主人公の汀子が八代目の次男のもとに嫁に来ます。過去の名声となりつつあった「八百善」を復活させると八代目が決めて以来、汀子と九代目襲名を目標とする旦那の奮闘の日々が始まります。「八百善」の調理場を三代にわたって守ってきた板前さんが腕を振るう場面では、実に奥深い料理の世界を堪能できます。板前さんは江戸時代に先人によって残された料理本を参考に江戸の味を守ろうと必死です。まさにその姿を通して、「味を受け継ぐ」ことの責任の重さが伝わってきます。実はここで描かれている「八百善」は実在する料亭です(今は店舗はなく卸売などをされています)。作中で書かれている「八百善」の歴史は実際の歴史に即しています。江戸料理、職人気質、料亭の運営、男女の騙し合い、忠節と裏切り、飲食業の変化、様々な要素が絡んで読み応え十分の傑作に仕上がっています。個人的には宮尾登美子の作品の中でもかなりお気に入りです。是非読んでみて下さい。特に料理が好きな方にはお勧めです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード