蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

芥川龍之介 「地獄変」

既にご存知の方も多いとは思いますがここで紹介せずにはいられないほどの非常に強烈な作品なので敢えて書かせて頂きます。およそ芸術作品と呼ばれるものにとって、見る側に与えるインパクトは非常に重要な要素であることは否めません。えしぇ蔵は様々な文学作品においてインパクトを受けましたが、およそこの作品ほどの強烈なものはありませんでした。ここでいうところのインパクトは”戦慄”とも言えますし、”恐怖”と表現してもいいと思います。初めて読んだのは大学生の頃でしたが、衝撃的なラストシーンではしばし呆然としたのを覚えています。作品の内容もさることながら、文庫本でわずか46ページの短編でここまでのインパクトを与えることができるという芥川龍之介の手腕にも驚きました。この作品は芥川龍之介が得意とする”王朝もの”の一つです。”王朝もの”というのは作品に描かれる時代がだいたい平安時代くらいまでのものを指します。「羅生門」、「鼻」、「偸盗」、「藪の中」、「芋粥」、「俊寛」などがそこに含まれますがいずれ劣らぬ名作ばかりです。その中でもこの作品は一段と光を放っていると個人的には思います。主人公は当代随一の絵師。ある日大殿様に地獄変の屏風を描くことを命ぜられます。ところがどうもうまく描けず、ついには地獄を見る必要があるという結論に達します。そこで大殿様に頼んで女性を乗せた牛車を燃やすところを見せてもらうことにします。そしていざ牛車に火がかけられる時、中に乗っている女性が誰かに気付いて絵師は驚きます……。その後の絵師の行動にも慄然とさせられます。まだ読んでいない方は是非、そして読んだ方も今一度あのインパクトを体験して下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する