蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

松本清張 「西海道談綺」

松本清張は膨大な量の作品を残しています。松本清張記念館によれば冊数でいうと約700冊とのことです。それだけの数になると代表作を選ぶのが大変です。あれもこれもと選んでいくと代表作だけでどんどん数が増えていきます。これは作品数が多いだけでなく、ジャンルが多岐に渡ることにもよると思います。推理小説、歴史小説、現代小説、ドキュメンタリー、それに随筆や紀行文もあります。それぞれのジャンルに傑作があるのでなかなか絞れません。それに個人的な趣向もあるので誰に聞いても一致しないことも特徴です。もしえしぇ蔵が選ぶなら、王道を行く「点と線」、「ゼロの焦点」、「砂の器」「わるいやつら」、「黒皮の手帳」、「或る『小倉日記』伝」、「西郷札」、「張込み」、「日本の黒い霧」……などの錚々たる作品に加えて、この一冊「西海道談綺」を加えます。これはジャンルでいうと伝奇小説になります。伝奇小説というのは歴史ものではあるけど史実に基づいていない創作で、伝説や超常現象などが絡んだファンタジー的要素を含むエンターテイメント作品という感じでしょうか。だからこの作品の特徴と言えば単に一言、”夢中になるほど面白い”ということです。舞台は江戸時代。主人公は妻と浮気した上司を斬り、妻を廃坑に突き落として逐電します。そして江戸へ出て名を変えて新たな人生を手に入れます。運も手伝って出世して、西国郡代手附として日田に派遣されます。そこで奇怪な事件に巻き込まれて、不気味な悪の集団と対決することになります……。文春文庫で500~600ページのものが4冊という大作ですが、とにかく面白いので長さは気になりません。それにしても全くの創作でこれだけの量を書けるという力量には本当に驚きます。大御所の常人には測り知れない創作能力の前にはただひれ伏すのみです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード