蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉村昭 「彰義隊」

歴史上の事件というのは必ずしも誰かの意思をきっかけとして起こったものばかりではありません。周囲の環境や事態の急展開などによってそうなることを望んでいないにも関わらずそうなってしまったという、いわば同情を誘うようなケースもしばしばあります。この作品の主人公である輪王寺宮能久親王に関する一連の事件はまさにその典型といえます。皆さんは戊辰戦争と聞けば朝廷対幕府という構図がすぐに浮かぶと思います。ところが意外にも皇族の中で一人だけ幕府側で戦った人がいることをご存知でしょうか?それが輪王寺宮能久親王です。それも本人は当初全くそのつもりはなかったにも関わらずです。輪王寺宮能久親王は上野寛永寺の山主として江戸にいて徳川家とも深い親交があり、江戸への思い入れが強くありました。その江戸へ攻め寄せてくる新政府軍に対して、謹慎する徳川慶喜の助命嘆願も含め、全てを平和に解決しようと幕府と朝廷の間に立って文字通り東奔西走します。ところがこれが朝廷側には受け入れてもらえません。その後、江戸も開城し新政府軍は江戸に入りますが、それを快く思わない旧幕府の残党は上野寛永寺を拠点に決起します。そこで輪王寺宮能久親王は成り行き上その上に立つ者とみなされてしまいます。上野の山が落ちると敗走が始まり東北に逃がれます。そして今度はそこで奥羽越列藩同盟の盟主に担ぎ上げられてしまい完全に朝敵となります。良かれと思って行動したにも関わらず、事態の変化に伴って困難な状況に陥っていく輪王寺宮能久親王の姿に運命の恐ろしさのようなものを感じます。さて、最後はどうなるのでしょうか?そこは是非読んでご確認下さい。亡くなった時のことまで詳細に調べてあります。時代に翻弄された人の人生は後世に非常に多くの教訓を残していると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード