蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

三島由紀夫 「豊穣の海」

日本の文学も世界の文学も21世紀の現在ともなれば名作は山ほど残されているわけですが、その中で最も優れていると思うものを選べと言われたら皆さんなら何を選びますか?えしぇ蔵は世界で最も優れていると思う作品は迷うことなくドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を選びます。この先の未来においてもそれ以上の作品が現れるとはとても思えません。それほど群を抜いた存在だと思います。では日本文学においてはと聞かれたら、これも迷わず三島由紀夫の「豊穣の海」を選びます。三島由紀夫の最後の作品で、えしぇ蔵が思うに最高傑作です。主人公が輪廻転生を繰り返していきますが、それを友人がその一生の間で追いかけて出会いを繰り返すという時空を超えた壮大なドラマです。「春の雪」、「奔馬」、「暁の寺」、「天人五衰」の四部に分れています。主人公は一部終わるごとに来生はどこで会えるかのヒントを友人に残します。友人はそれを手掛かりに生まれ変わった主人公を探します。生まれ変わるたびに異なる舞台で異なるドラマが展開するので、非常に長い作品ですが全く飽きさせません。三島由紀夫ですから文章から溢れる知性と気品は卓越したものであり、エンターテイメント性も際立っています。「カラマーゾフの兄弟」もそうですが、小説としてのあらゆる魅力を持っています。この作品を書いた後、市ヶ谷の自衛隊駐屯地に行って決起を呼びかけ、それに失敗して割腹自殺をしますが、その前にこの世での最後の輝きを残そうとして、その持てる力を最大限に発揮して書いたのではないかと個人的には推測しています。まさに渾身の一作です。作品も生き方も後世に多大な影響を残した人ですが、その大きさを感じるには最も適した作品ではないかと思います。自分の国にこんなすごい作家がいたことは世界に対して大いに誇れることだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する