蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

司馬遼太郎 「坂の上の雲」

改めて紹介する必要もないほど多くの日本人に知れ渡った司馬遼太郎の名作なので、ここではちょっと角度を変えてご紹介したいと思います。この作品は皆さんもご存知の通り、日露戦争の頃の明治日本を描いています。胃の中の蛙であった江戸時代の日本が、維新をとげて初めて世界という海に出て、欧米列強に追い付こうと国中が必死に頑張ったあの健気な時代の日本です。主人公は3人。日本陸軍において初めて騎兵を組織し、当時最強の騎兵集団であったロシアのコサック部隊を破った秋山好古と、丁字戦法という世界を驚かせた作戦で日本海海戦を劇的な勝利に導いた名参謀の秋山真之、そして俳句、短歌、詩、小説の新しい方向性を確立し、後の文学界に多大な影響をもたらした正岡子規です。三者三様の世界を織り交ぜながら、日本が日露戦争に勝つことによって、世界においてその存在を確乎たるものとすることに成功するまでを描いています。壮大な歴史大作であり、司馬遼太郎の代表作の一つとして位置づけられています。……ここまではよくある書評的記述ですが、ここからはちょっと角度を変えます。この作品を読むにあたって注意して頂きたいことが2つあります。まず1つ目は史実と異なる部分があることです。これは意図したものなのか誤謬なのかは不明です。1~2箇所ではありません。結構あります。それから2つ目は司馬遼太郎は情熱的に書くからこそ面白いのですが、そのせいか史実や人物の捉え方において一方に偏りがあるのは否めません。そこには司馬遼太郎の好みが大きく反映されているように感じます。だからこの作品の内容を全て史実ととらえ、かつ文章の背景にある考え方を100%正しいものと解釈して読むことは危険です。この作品はあくまで小説であり、エンターテイメントです。楽しむための作品ですのでそこをお忘れなく。そのスタンスで読めば、これは紛れもない傑作です。是非そこはご注意下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する