蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉村昭 「海の史劇」

日本と外国との戦争を描いた作品は数限りなくありますが、おそらくそのほとんどは日本の目線で描かれていると思います。日清、日露、日中戦争、そして太平洋戦争でもその描き方は日本から見た戦争になっているのがほとんどです。それは取材がしやすいということもあるし、また日本の立場に同情的に書きたいという意図もあるからだと思います。しかし戦争には相手国があります。つまり先方にも思惑は大いにあるということです。でも視点を片方の側だけにおくとどうしても視点を置いた側に肩入れした形にならざるを得ません。その点から考えると、日露戦争における日本海海戦を描いたこの作品は、日本側とロシア側双方とも徹底的に取材し、そしてどちらかに偏ることなく公平に史実を描いているので、評価すべき希少な記録文学なのではないかと思います。通常日本海海戦を題材にする時は、華々しい日本の勝利をメインにしてその前後を少し盛り込んで描くというのがだいたいのパターンですが、この作品はロジェストビンスキー率いるバルチック艦隊が出港する場面から始まります。そこからしばらくは艦隊が七ヶ月もかけて地球の半分を回航してくる苦難の記録です。実に様々なトラブルに見舞われながら、必死の思いで戦場まで到達したことがわかります。海戦以前のバルチック艦隊の苦労をここまで詳細に描いた作品は珍しいと思います。そして迎える側の日本の準備、心境も当然詳細に描かれています。そして迫力の海戦シーンも徹底的に綿密に描かれており、迫力は非常にリアルに伝わってきます。そして海戦後の顛末もまたしかり。捕虜になったロシア人たちへの日本の待遇はどうだったのか、そして関係者のその後の人生まできっちりと描かれています。完璧な仕事です。その文章には冷静に歴史を見る目と真実を伝えようとする情熱が含まれています。歴史の見方を考え直してみるという意味においても絶対にお勧めの作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する