蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

塩野七生 「ローマ亡き後の地中海世界」

塩野七生といえばあのローマ帝国の誕生から滅亡までを描いた「ローマ人の物語」が有名ですね。新潮文庫でなんと43巻という超大作です。あの作品はローマ帝国が滅んでイタリアが細かく分裂してしまったところで終わっています。非常に面白い作品なので読み終わった後にどうしても思ってしまうのが、「その後はどうなったの?」ということです。かつて地中海を自分たちの海であると豪語するほどの大国だったのに、分裂してしまっては大して力はありません。その状態で歴史はどう展開していったのか?それを教えてくれるのがこの作品です。実質、「ローマ人の物語」の続編といってもいいと思います。この作品で描かれている時代の地中海は無法地帯となっています。北アフリカを拠点としたサラセンの海賊が好き勝手に船を襲ったり、地中海沿岸の街に上陸して略奪を繰り返していました。それに加えてイスラムの勢力もどんどん拡大して、大国トルコの脅威にもさらされます。それらに対してイタリアの国々を筆頭に地中海沿岸の各国はいかに対処したのか、その長い歴史を描いてあります。期間でいうと西ローマ帝国が滅んだ5世紀から、海賊行為を禁止する国際的な合意である「パリ宣言」が行なわれる19世紀までの長きにわたります。この作品で描かれているのは単に海賊との戦いだけではなく、それぞれの国の生き残りをかけた戦いです。これは陸続きで多数の国家が同居しているヨーロッパ、中東エリアならではの歴史の展開であり、島国であり他からの攻撃を元寇と米軍以外に知らない日本人が読めば本当に興味深いものがあると思います。今のヨーロッパが過去にどうなっていたのか、どうして今の状態になったのかを知る上でも大いに参考になる作品です。この作品もまた面白くて止まらないので文庫で全4巻が一気に終わります。是非皆さんもヨーロッパの歴史に触れてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する