蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉村昭 「羆嵐」

大正4年12月、北海道の開拓村において恐ろしい事件が発生しました。冬眠できなかった巨大な羆が村を襲い、わずか2日間で6人(+胎児1人)の命を奪い、3人に重傷を負わせました。羆は一度人間を食べるとその味を覚えてしまい、また人間を襲うようになるらしく、空腹を満たすために次々と犠牲者が出たというわけです。その羆は足先から頭までの高さが2メートル70センチ、体重は383kgという巨大さでした。そんな大きな熊が冬の夜に民家を襲うなんて想像しただけで寒気がします。この事件は日本獣害史上最大の惨事と言われています。こういった事件を緻密に調査し整理して、誰にも理解しやすい文章で作品にすることにかけては吉村昭という存在は絶対的なものがあります。題材として選ぶ事件も非常に興味深いものばかりで、どの作品も一度読み始めると事件の顛末が知りたくて止まらなくなります。一般に「三毛別羆事件」と言われているこの事件も吉村昭によって詳細がきちんとまとめられており、しかもそれに沿って物語としても成り立っていますので飽きさせず、面白く読ませてくれます。この巨大な羆に対して大勢の男たちが挑むわけですが、羆との対決など初めての者ばかりでとても太刀打ちできません。そこで羆撃ちの名人である銀四郎に羆退治を依頼します。そして巨大羆と老練なマタギとの対決が始まります。この作品をきっかけにちょっとマタギについて調べてみました。自然の変化を読み、動物の習性を知り、何日も山にこもる強靭な体力と精神力を持った、本当に超人的な人たちであることを知って驚きました。さて、この巨大羆はどうなるのでしょう?是非作品で結末を確認して下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する