蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

山岡荘八 「小説太平洋戦争」

日本人にとって最後の戦争(今のところ)である太平洋戦争は、日本の歴史上の大きな転機となりましたが、国自体が崩壊の寸前まで行くほど多くの命と財産を失いました。死者は軍人がおよそ230万人、民間人がおよそ80万人です。わずか4~5年の間にこれだけの人命が失われています。我々の先祖は想像を絶する悲惨な時代を経験しているわけですが、では現代に生きる我々はそれについてどれだけ知っているでしょうか?真珠湾攻撃、東京大空襲、沖縄戦、原爆投下、それくらいは誰しも知るところでしょうが、なぜ国力が自分たちの10倍もある大国に宣戦布告しなければならなかったのか、そして陸軍と海軍はいかに戦ってそして負けたのか、終戦はどのような経緯で行われたのか、問われてみると漠然とした答えしかできないのではないでしょうか?戦争は遠い昔のおとぎ話ではありません。平成に生きる身にとってもある程度は知っておくべき身近な歴史です。そこでお勧めするのがこの作品です。山岡荘八が実に10年もの歳月をかけて完成させた大作です。山岡荘八歴史文庫で全9巻です。日ソ不可侵条約を結んで意気揚々と松岡洋右が帰国する昭和16年4月の時点から、東京裁判の後のA級戦犯の死刑、満州の人々のソ連軍からの悲惨な逃避行などの戦後の悲劇まで、時間をおって細かく描いてあります。主な作戦、戦闘の経緯、その前後の状況、全て理解できます。太平洋戦争の全体の流れを理解するには最適の作品です。是非これを読んで先祖の苦労と過ちを知り、それを今後の日本に生きる身として大きな教訓にして頂ければと思います。あれほどの経験をしながら、また戦争ができる国になるべく政府が徐々に準備を始めてしまったこの危険な時代にこそ、是非読んで頂きたいと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード