蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

吉川英治 「宮本武蔵」

日本人なら知らぬ人はいない天下無双の宮本武蔵。その生涯で一度も負けたことがないということも皆さんご存知だと思います。最も高い水準にまで達した剣の達人という印象があるのではないでしょうか?そんな宮本武蔵ですが、果たして昔からずっと語り継がれてきた人なのでしょうか?確かにその足跡は江戸時代からしっかりと伝えられてはいますが、今のように剣の道でのスーパースターというイメージを確立したのは、実はこの吉川英治の作品がきっかけなのです。この作品によって宮本武蔵のイメージは強烈に日本人の中に印象付けられました。この作品は1935年8月から1939年の7月まで朝日新聞に連載されました。この連載された時期も人気に拍車をかけた一つの要因です。1937年から日中戦争が始まりますが、当時は国を救うために真剣勝負に勝つ強い男が求められた時期と言えます。そういう時期に登場したものですから諸手を上げて迎えられたというのも頷けます。まさに武蔵こそ理想の男という図式になるわけです。その後、戦争が終わっても日本人の中では宮本武蔵こそ理想の武士、理想の男というイメージは変わることなく現在まで続いています。つまりこの作品はそれほどの影響力を持っていたと言えるわけです。とにかく面白いの一言。一気に読み進みます。この痛快な物語を通して描かれる宮本武蔵の生き様には、やはり学べる部分がかなりあります。ここから何かを学ぶもよし、エンターテイメントとして読むもよし、是非皆さんもこの理想の武士の物語をお楽しみ下さい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード