蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

司馬遼太郎 「空海の風景」

司馬遼太郎の作品というのはとにかく面白いですよね。その面白さにはまって、次々に買ってきては本棚にずらりと並んだという経験がある人は少なくないと思います。その魅力はなんといっても歴史の空白部分を埋める空想と、息もつかせない物語の展開だと思います。えしぇ蔵もまたあの痛快無比な面白さを味わうために、読んでない作品を探しては買っています。今回のこの作品もそのノリで買いました。ところが、この「空海の風景」はちょっと違います。えしぇ蔵は主人公空海が真言宗を確立すべく歴史の一時代を縦横無尽に駆け巡るようなものを予想していましたが、さにあらず。これは司馬遼太郎が空海という人物に関して調査したその軌跡と、真の人物像にせまるまでの過程を描いています。いわばレポートのようなものです。とはいっても論文のような固いものではなく、随筆として書かれていますので決して読みにくいものではありません。小説のような空想部分は一切入らず、調査結果とそれに基づく推測によって構成されています。だからちょっと予想外なものを感じますが、いえいえこれはこれで実に面白いのです。空海、弘法大師という人物について多くの人が持っているであろうイメージは、仏教史における偉大な存在の一人という感じだと思いますが、これを読めば歴史の中でも群を抜いた偉大な人物であることを学べます。宗教界の巨人といわれる理由がよくわかりました。一人の人物の生き様として読んでも非常に面白いので、宗教に関心がない人も是非読んでみて下さい。やはり司馬遼太郎は読者を裏切りません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード