蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

永井路子 「北条政子」

歴史小説の世界において女流作家とくればまずは永井路子が上げられます。日本の歴史を、女性を主人公にして女性の視点から描いた作品を数多く残しています。「美貌の女帝」では氷高皇女(元正女帝)を、「山霧」では毛利元就の妻のおかたを、「乱紋」では織田信長の妹のお市の娘(お茶々、お初、お江)を、「一豊の妻」では山内一豊の妻の見性院を、「朱なる十字架」では細川ガラシャを、「波のかたみ」では平清盛の妻の時子を描いています。「歴史をさわがせた女たち」という作品もあります。他にも女性の視点からの作品は多々ありますが、それらはあくまで歴史を動かす男性たちを支える女性の物語となっています。ところがこの作品は違います。北条政子は源頼朝の妻ですので物語の最初においては頼朝を支える女性として描かれていますが、頼朝亡きあとは明確に歴史の主役に躍り出ます。歴史を動かす女性として描かれています。幕政の実験を握って世を動かし尼将軍とまで言われたそのリーダーシップは歴史が証明しているように、北条政子は歴史の脇役としての女性ではなく、主役の女性であると言えます。だからその人物像も強烈な個性を放って力強く”歴史の主人公”として描かれています。しかもそれまでの北条政子像を永井路子なりの新説を駆使して覆し、新たなイメージを創り出している点も評価できます。ここまでの大物の女性を的確に描けるのは永井路子以外にいないのではないかと思います。是非ご一読下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード