蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

火野葦平 「糞尿譚」

兵隊三部作でその名を文学史上に残す火野葦平なので戦争文学の作家というイメージが濃いですが、彼が文壇にデビューするきっかけになった作品はこの「糞尿譚」で、これは戦争文学ではありません。彼は昭和12年に日中戦争に応召しますが、この作品はその前に書かれていました。それが第6回芥川賞を受賞したというのを戦地で知ります。戻ってきて受賞式というわけにもいかないので、小林秀雄がわざわざ現地まで行って授賞式を行ったそうです。この出来事は彼を一躍有名にし、陸軍においてもその文筆の腕を買われて報道部に転属になります。そこから軍部とのつながりが強くなり、戦後は戦犯作家というレッテルを貼られますがそれは避けられぬ状況からそうなったわけで、彼が個人的に好戦的であったとか軍に積極的に協力したというふうに簡単に判断するのは間違いだと思いますが、まぁそのへんの問題は今回はさておき、この「糞尿譚」では戦争は関係していません。トイレの汲み取りを商売とする主人公が、市の指定の業者として一生懸命に働いて、なんとか生活をよくしようと必死になる姿を描いています。ライバルの嫌がらせにあったりして、なかなかうまくいかないくやしさが伝わってきます。きっと独立して何かの商売をしたことがある人ならこの気持ちは本当によくわかると思います。夢を抱いて一生懸命走り回っても、次から次に問題が発生して足止めをくらい、なかなか夢への階段を登れない歯痒さ、苦しさ、辛さ、それらの積もり積もったものがついにラストシーンで爆発します。全体的にきちんとまとまって無駄のない優れた作品です。デビュー作からこれですからその非凡さを証明しています。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード