蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

安部公房 「無関係な死」

想像してみて下さい。もしあなたが一人暮らしをしてるとして、仕事から帰って来たら部屋に死体があったなんて。しかも全くの見知らぬ他人の死体がですよ。どうしていいか混乱しますよね?もちろん警察に電話するでしょうけど、当然その死体との関係とか訊かれるでしょうし、帰って来たら死体があったなんて変てこな話を信じてもらえるかどうか不安ですよね?この作品はまさにそういう立場になった主人公が、さぁどうしよう、どうしよう、とあたふたしている間に時間が経過し、どんどんまずいことになっていくという話です。安部公房の作品でいつも思うことですが、本当にこの人ほど発想のユニークな作家はいませんね。摩訶不思議な世界を、有り得ないシチュエーションを、奇妙奇天烈なストーリーを考え出す才能はまさに天が授けたギフトでしょう。そして彼の作品によく見られるのは、現在のシチュエーションのみに焦点が絞られており、どうしてそうなったのかという過去の経過は全く無視されているということ。この作品でもそれは言えます。どうしてそういうシチュエーションになったかは全く究明されません。なぜそこに死体があるのか、誰が置いたのか?自殺なのか他殺なのか自然死なのか?この死体は誰なのか?死体と主人公の関係は何なのか?それらのことには一切触れることなく、ただ現在のシチュエーションのみ時間の経過とともに描かれていきます。原因よりも現象そのものに焦点を置く方法は読み手にとってはインパクトもあり、またわかりやすいです。そういう点も外国でうける理由の一つかもしれません。さぁ主人公はこの死体を一体どう処理するのでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する