蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

寺田寅彦 「柿の種」

寺田寅彦は人間的に非常に面白い人です。本業は物理学者で、東京帝国大理科大学教授であり、様々な研究結果によって物理学史上に名を残し、その特異な研究は「寺田物理学」と呼ばれるまでになりました。研究の対象は地球物理学のようなスケールの大きなものから、身の周りのなにげない現象にまで多岐にわたっており、そういった面にも彼の人間性の一部を垣間見ることができます。そんな彼のバイタリティは物理学だけにはおさまらず、全く畑違いの文学にまでひろがっていきます。友人でもあり師匠でもある夏目漱石との出会いが彼の文学への目覚めのきっかけでした。そして随筆や俳句などにおいて優れた作品を残しました。随筆のネタの中には物理学のことも頻繁に登場し、文系と理系が仲良く同居した独特の作風は彼ならではのものであり、批評家の間ではその点が高く評価されているようです。この「柿の種」は、俳句雑誌「渋柿」に連載された短文を一冊にまとめたものです。どれもポイントだけにしぼった簡明でかつ内容の濃い短文で、読後に深い余韻を残すものばかりです。テーマにも文章にも心休まる優しさがあり、読者を憩わせてくれます。ちょっと一息つきたい時にぱらぱらっとめくって読むのに最適な作品です。そしてやはり文章の中に知性からくる品を感じます。聡明な印象を受けます。曖昧さがなくきちんとした構成はやはり一つの答えを導くために条件を揃えて証明していく理系的な発想からくるものなのでしょうか?どこか他の作家とは違う明確さのようなものがあります。物理学者の生み出した文学がどういうものか、是非皆さんにも味わって頂きたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する