蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

鶴田知也 「コシャマイン記」

アメリカ大陸においては先住民であるインディアンとヨーロッパからの開拓民との間での争いは西部劇などで描かれて誰しもご存知の通りですが、そういう争いが日本でもあったことは意外と知られていません。北海道のアイヌ民族がそうです。先住民であるアイヌ民族は和人に対して何度か武力蜂起しています。強力なリーダーの出現により、反乱が試みられたわけですが、コシャマインもそういったリーダーの一人です。こういうふうに書くと、ではこの作品は権力に対抗して戦う男の姿を描いた熱き物語かなと思われそうですが、実はちょっと違います。この物語のはじめではコシャマインはまだ赤ちゃんです。母親と側近によって守られながら、数々の難を逃れていくうちに成長していきます。やがて立派な男となりさぁこれからという状況になったところで、読み手としては和人への組織的な反乱を予想しますが、実際はちょっと違う展開になります。意外な感じで予想を裏切られるのが実に新鮮です。そういう点が他にはないオリジナリティなのかもしれません。この作品は第3回芥川賞を受賞していますが、なるほどそうあっておかしくない非凡な佳作です。作者の鶴田知也は福岡出身なので一見北海道とは縁遠いように思えますが、一時期北海道に渡って働いた時期があります。労働組合運動に参加したり、日本社会党に入党したり、日本農民文学会や社会主義文学クラブなどの発足に貢献したりと、プロレタリア作家的な一面がありますが、この作品における構図も実は資本家と労働者の戦いに置き替えれるのではないかと思います。単なるアイヌの英雄の物語ではなく、その裏にもっとたくさんのメッセージが含まれているように思える名作です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード