蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

壷井栄 「暦」

名作「二十四の瞳」で小豆島を有名にした壷井栄ですが、出身地も小豆島で、あの牧歌的に描かれた自然と人はそのまま壷井栄自身が育った環境でもあります。一家はなんと11人兄妹!今の日本ではそれだけでニュースネタになりそうですが、昔の田舎における日本の家族ってこんな感じですよね。家業は醤油樽の製造で、弟子や職人を抱えて一時期は結構羽振りもよかったようですが、お得意さんの醤油醸造元がつぶれて以来、そのあおりを食って家産は傾いていきます。家も土地も手放して最後は借家に移り、成長した子どもらが働いて家計を助けるというところまでいきました。彼女も郵便局や村役場で働いています。様々な苦労を経験した後、彼女は夢を抱いて上京します。そして壷井繁治との結婚を機に運命が花開いていきます・・・。この作品はそんな彼女の人生経験を基にして書かれた作品です。創作ではありますが、一家の生活の様子はおそらく彼女の記憶をたどって、ほぼそのまま描かれたような印象を受けます。ストーリーとしては、かつての幸せが過去のものとなり、次第に細くなっていく家運の中、最後に残った二人の姉妹が踏みとどまって頑張って生きている姿を描いています。そして成長してそれぞれの道を歩んで離れて行った兄妹を呼び集め、祖母の十七年忌、父の三年忌の法事をするシーンがクライマックスとなっています。壷井栄の作品の底流に流れているのはいつでも”愛”です。それは実に大きくて温かいものです。この作品で描かれているのは単に一家族の盛衰ではなく、その離れがたい強い結びつきの上で続いていく日々の暮らしです。要するに日本にかつてあった大きく温かい家族の暦なわけです。読んでいくと悲しいシーンも多いですが、でもどこか優しく心温まる感じが最後に残るのところはまさに壷井栄ワールドだなと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード