蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石川達三 「悪女の手記」

「蒼氓(そうぼう)」で1935年に名誉ある第1回芥川賞を受賞して華々しく文壇に登場した石川達三ですが、その内容はブラジル移民の悲しい現実を描いて社会に問題提起するものでした。その後も社会批判的な作品が多く、”ジャーナリスティック”という言葉がよく似合う作家になりました。そういった訳で社会派的なものは苦手だという人は石川達三を敬遠しがちですが、彼の作品の守備範囲はそれだけではありませんので誤解のないように。ここで紹介する話は全然そういった分野のものではありません。見方によっては私生児を蔑視する当時の社会に憤ったものというふうに捕らえられないこともないですが、あんまり難しく考えないで普通に読んで十分に面白い作品だと思います。ストーリーとしては単純な内容です。主人公は少し人より気が強いくらいで、どこにでもいそうな平凡な女性でした。彼女は私生児でしたが、持ち前の気丈さでそのことをコンプレックスとはせず、むしろ強く生きていくためのバネとします。妊娠させた男に捨てられて惨めな人生を送った母を見て、自分はそうはならないと強い意志を持って生きていきますが、所詮ままならぬ運命に翻弄され、結局は母と同じように好きな男に捨てられ、同じように私生児の母になります。ここから彼女の転落の人生が始まり、男というもの全体に対する復讐が始まります。お金を持っていそうな男をたぶらかし、利用し、離れていきます。次から次に。そして最期にやっと本当の幸せが見つかりそうになった時、運命の皮肉でまた最初と同じように捨てられます。ここで彼女は裏切った相手の男に対し、人生を台無しにされた男というもの全体に対し、そして幸せをつかむことができなかった自分自身に対し逆上し犯罪に至ります。この作品は最初に裏切った男へ送る手記という形で書かれていますが、非常に面白いので一気に読めました。難しく考える必要はありません。普通に楽しめる作品ですよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する