蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石坂洋次郎 「海を見に行く」

石坂洋次郎の「青い山脈」や、「陽の当たる坂道」などの健全な青春を描いたものは、そのままドラマや映画の脚本になるようにわかりやすく書かれています。はっきりとしたストーリー展開、個性豊かでかつ善良な登場人物、安心して見れるハッピーエンドな結末、芸術性よりもわかりやすさを重視した状況描写・・・などなど、要するに全体的にわかりやすいのです。実際にこういった作品が多くの人に読まれたことにより、彼は「百万人の作家」とまで呼ばれました。こういうふうに書くとベストセラーを連発する大衆作家というふうに誰しも認識することでしょう。でもそれは彼の一面しかとらえていないということをここでえしぇ蔵は強く主張したいのです。彼の名声を高めた代表的な作品の名前をあげる時には必ずこういった大衆小説的なものが先に出てきますが、文学性の極めて高いものもたくさん書いていることを知って頂きたいのです。文学の中に芸術を追い求める人たちの中には、「なんだ、あの健全小説の石坂洋次郎か」と思っている人も多いと思います。えしぇ蔵としてはここで紹介する「海を見に行く」や、「草を刈る娘」、「壁画」、「リヤカアを曳いて」などの作品も是非読んで頂きたいです。きっと石坂洋次郎という人の作品のイメージがかわると思います。実際、えしぇ蔵もこれらを読むことで大きく石坂洋次郎観が変わりました。この作品はまだブレイクする前、学生結婚した若い彼が文学の道を遠望しつつ焦慮の日々を暮らしていた頃をモデルにしたものです。夢を追いかける者が途中で抱く不安や焦慮が作品全体でうまく表現されている傑作です。特に書き出しの素晴らしさは秀逸です。初期に発表された作品で、これが注目されたことにより作家としての道が開けます。基本的にはこういう傑作を早い時期から書けた人なんだということを知ってもらいたくて紹介しました。健全な青春ものとはちょっと違う石坂洋次郎をお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード