蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

上林暁 「薔薇盗人」

まず名前の読み方ですが、「かんばやしあかつき」と読みます。上林暁は高知県の出身ですが、熊本の高校に進み、熊本市上林町(現:熊本市中央区上林町)に下宿していました。名前はそれに由来しています。上林暁は私小説、いわゆる心境小説で文壇における位置をしめた作家です。つまり自分のまわりのことを題材にすることが多く、精神病になった奥さんの看護の苦労を描いた一連の”病妻もの”と言われる作品群が有名です。でも今回ご紹介するこの作品は私小説ではありません。彼が30歳の頃に「新潮」に掲載されたもので、これによって一躍注目を浴びます。ブレイクのきっかけになった作品です。後年の”病妻もの”とは同じ作家かと思われるくらい作風が違うので注意して下さい。ある小学校の門のきわに一輪だけ薔薇が咲いていました。たった一輪というのが可憐でどこか儚い美しさを生徒たちに感じさせたのか、みんなでそれを大事にしているわけです。ところがある日、その薔薇は折られて盗まれていました。学校では大騒ぎです。校長先生は全校生徒の前で盗った人は担当の先生まで申し出なさいと言いますが誰も出てきませんでした。この作品の主人公の少年は父親がなまけものでひどい貧乏をしていました。そして妹は病気で寝込んでおり、少年は妹を喜ばせるために薔薇を折って帰り、妹にあげました。つまり彼が犯人だったわけです。この作品は短いですが非常に深い意味を持っています。可愛そうな妹を慰めるためにしたことなら、みんなが大事にしているものを奪ってもいいのか?きれいな薔薇によって人は癒されるがいづれは枯れてしなびてしまい、ひとときの喜びにしかならない……など、探せばいろいろとテーマが隠されています。非常に考えさせられる作品です。結局盗んだことがばれて父親に出て行けと言われ、とぼとぼと家を出ますがそこからの描写も心に残るものがあります。上林暁の私小説以外での傑作です。この作品は初期のものですので、自分の文壇での活躍をある程度確信した、前向きな精神状態の頃に書かれていますので、その後の精神的苦悩の時代に生まれた私小説の作品群と読み比べると非常に興味深いものがあると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する