蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

中里恒子 「乗合馬車」

中里恒子が第8回芥川賞を受賞した作品です。作家には自分が作品によって取り上げたいテーマがあるのが普通です。持てる筆力をもってそれを掘り下げ、表現し、主張し、世間に問題提起する作家は少なくありません。中里恒子の場合は、「国際結婚をした家族の苦労」がそれにあたります。そのテーマをもとにした作品群は一般に「外人もの」と言われています。今でこそ誰かが国際結婚したと聞いても、「里帰りが大変だろうなぁ」くらいの感慨しか持たなくなりましたが、昭和の初期ともなるとこれは大変なことでした。当時はまだ「外人と結婚する」ということに対して偏見を持っている人もいましたし、またその子どもを「あいのこ」と呼んで差別する風潮もありました。ましてや明治から昭和初期までは戦争に次ぐ戦争で、敵視する外国が常にある状態でしたので、その立場は非常に不安を伴うものでした。だから当時の国際結婚というのは今では想像もつかないほどの苦労を敢えて買ってでる行為だったといえます。遠い国から海を越えて日本に嫁に来て、冷たい空気の中でも強く生きようとする女性たち、友達にからかわれて悩む子どもたち、そういう世界を若い頃から取り上げて、しっかりと自分のテーマにしているというところにすごさを感じます。きっかけは実の兄が国際結婚をしたことでした。非常に身近な問題だったわけです。この作品はそれを題材に書かれています。異国情緒ある作品の雰囲気は彼女独特のもので、非常に好感が持てます。この作品に限らず、「日光室」や「遠い虹」などのほかの「外人もの」もお勧めです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード