蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

黒島伝治 「二銭銅貨」

江戸川乱歩の作品にも「二銭銅貨」というのがありますからお間違えなく。江戸川乱歩のほうは暗号ものの推理小説です(そっちも名作です)。こちらはプロレタリア作家の黒島伝治が描く、貧しい農村の悲劇です。立ち読みで読み終えるほど短い作品ですが、そこに強く訴えるものがぎゅっと詰まっています。お互いの独楽を回してぶつける「コッツリコ」という遊びがあって、古い独楽しか持たないある貧しい農家の子どもがそれに勝つためによりいい独楽を欲しがります。兄は古い独楽のほうがいいものなんだとなだめてあきらめさせますが、どうしても緒だけは新しいのが欲しいということで母親にねだります。母親は緒ぐらいなら買ってやろうと店に行きますが、そこで他のよりも短いけど二銭安いという緒を買って与えます。子どもはその緒が短いことを苦にします。ある日、相撲の興行が村に来て、それを見に行きたいと子どもはせがみますが、農作業に忙しい両親は家で牛の番をするように言います。子どもは牛のそばで独楽の緒を柱にひっかけて、片方の端を引っ張って懸命に緒を伸ばそうとします。そうしているうちに手が外れて転んだ時に牛に踏まれて死んでしまいます。父親は牛をなぐって責め、母親は二銭けちって短い緒を買ったことを悔やみます。子どもは牛でも母親でもなく、貧乏が殺したのです。そのことを婉曲的ですが強く訴えているので短いですが非常に印象に残る作品です。黒島伝治の良さを手っ取り早く知るにはいい作品だと思います。黒島伝治は香川県の小豆島出身です。小豆島と言えば「二十四の瞳」の壺井栄の出身地でもありますが、お互い隣村だったそうです(今では合併して小豆島町になっています)。兵役の際の体験をもとに書いた作品で文壇に登場しますが、多くの作品は農村の貧しさを描いています。プロレタリア文学に分類されますが、一般にプロレタリア文学といえば工場などの職場で労働者が生活改善のために苦悩し決起し、戦って破れて投獄されて・・・という感じの作品が多いですが、黒島伝治の場合は農村の人々の貧乏との戦いを描いているのでちょっと毛色の違うプロレタリア文学です。こういう作品を通してかつての貧しい日本の苦労を知るのは非常にいいことだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード