蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

嘉村磯多 「業苦」

嘉村磯多も葛西善蔵と同じく心境小説を得意としています。読んでみると二人の作品はなんとなく似ています。それもそのはず、嘉村磯多は元は雑誌社の社員で、いろんな作家のところに原稿を貰いに訪問していた関係で、葛西善蔵とも知り合います。そして作品の口述筆記を手伝わされたりしますが、そうやっているうちに次第に葛西善蔵を師と仰ぐようになり、また葛西善蔵も彼に特別に期待をかけるようになっていきました。作品が似てくるのも当然かもしれません。内容は心境小説のほとんどがそうであるように、自分の実体験をもとにしています。嘉村磯多は故郷に妻と子どもがいましたが、妻への不満から徐々に不和になり、そこへ現れた優しい女性と熱烈な恋に落ち、全てを捨てて東京へ駆け落ちします。そして東京で安月給の会社に勤めながら貧乏暮らしの毎日を送るという内容です。故郷に残した妻、子ども、両親に対する罪悪感と、今一緒に暮らしている女性への罪悪感の両方に苦しめられます。まさに地獄の火に焼かれるような内面の苦しみを見事に表現しています。なるほどこれは体験者でないと書けないだろうなと思われるようなリアルさです。自分の生き様を材料にするところは葛西善蔵と同じですが、こちらは自ら苦しみを望んだわけではなく結果的にそうなったという点が違いますので、幾分か葛西善蔵よりは同情を覚えますが、作品の深さは遠く師匠に及ばないというのが一般的な評価です。皆さんはどう思われますでしょうか?是非、嘉村磯多と葛西善蔵、二人の作品を読み比べてみて下さい。そして一般的な評価に縛られず、自分なりの評価をしてみて下さい。感性に正解はありませんので。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード