蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

菊池寛 「無名作家の日記」

いつの日か自分の作品が多くの人に読まれ、作家として世間に認められ、文学史に名前を残す……文学の道に踏み込んだ者が一度は夢見ることです。かくいうえしぇ蔵もその夢を見ているうちの一人です。でも世の中そんなに甘くありません。一人の成功の影にはその何百倍もの脱落者がいます。もがいてももがいても上に登れない人間の悲哀は今まで多くの文学青年が経験してきたことでしょう。この作品の主人公もそういう夢破れし若者の一人です。学生時代は同じ文学仲間と夢を語り合いますが、彼は他の仲間にどこか見下されているようなところがありました。その圧迫に耐え切れず、別の学校に移ります。そこで心機一転、夢の実現のために行動を起こしますがどうもうまくいきません。その間にかつての仲間たちは同人雑誌を発行します。そしてその中に掲載されている作品は世間の注目を浴びます。彼もそれらの作品が優れていることを認めざるを得ませんでした。そこから徐々に仲間たちは文壇へと近づいて行きます。一方で彼には何一つ将来への踏み台となるものが見えてきません。そんな中、仲間たちから作品を送って来いとの救いの手がのべられます。恥を忍んでそれにすがる彼ですが、送った作品は仲間たちによって酷評されます。苦しみもがいても希望の光は差してきません。果たして彼は夢を実現することができるのでしょうか?この作品のようなドラマは明治から現代に至るまで日本中で演じられたことでしょう。当時はこうして同人雑誌によって己の力を世に問うというのが文学を志す人が夢を叶えるための常套手段でした。昭和中期ぐらいまでに文壇に名を残した人たちのほとんどが同じ道をたどったのではないかと思います。現代ではこれが様々な文学賞への応募ということになるのでしょう。つまり現代では文学賞に応募しても応募しても選ばれることなく、同じような境遇を味わっている人が大勢いるということです。えしぇ蔵もいくつの文学賞で門前払いをくらったことか。そして選ばれる人が羨ましかったことか。主人公の気持ちがよくわかります。文学を志すものとしてはなんとも身につまされる作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード