蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

芥川龍之介 「或旧友へ送る手記」

1927年7月24日、芥川龍之介は田端の自室で服毒自殺をします。当時の世間をあっと驚かせた事件でした。晩年、神経衰弱の激しかった彼はずっと死ぬことばかり考えていたようで、後期の作品からもそのことがうかがえます。そして最後はこの作品というか、手記を残して世を去ります。これは親友の久米正雄宛だと言われています。この手記の中にある彼の自殺を決意した理由が書かれた部分はあまりにも有名です。「君は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、或は又精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであらう。しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。のみならず大抵は動機に至る道程を示してゐるだけである。自殺者は大抵レニエの描いたやうに何の為に自殺するかを知らないであらう。それは我々の行為するやうに複雑な動機を含んでゐる。が、少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」彼を苦しめたぼんやりとした不安とは具体的にどういうものだったのか?彼は本当に死ぬ気だったのか?それとも実は狂言で誰かに止めて欲しかったのか?多くの研究者が独自の説を主張していますが、もはや唯一真実を知る本人は遠い過去に旅立っています。芥川龍之介が好きで、彼がどんなことを考えていたかを知りたいという方は、もろもろの研究本を読む前にまずこの彼自信の言葉に耳を傾けて下さい。ここにこそ真実が隠されているはずです。一文字づつに彼の苦しみがこめられているようで実に痛々しい気持ちになります。天才のこの世における最後の言葉です。ただし作品としてはこれが最後ということになってますが、遺書は別にあります。この作品もそうですが、遺書も「青空文庫」で読むことができますので是非合わせて読んでみて下さい。なお、遺書のほうでは子どもへのメッセージ、奥さんへのメッセージが含まれていますが、子どもへのメッセージの部分は生きていく上での恐ろしいまでの具体的なアドバイスがなされており、芥川龍之介の人柄を知る上で大いに参考になると思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する